<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【2014 東京オートサロン】 分かる人に分かるモノ

年明け早々の自動車イベントといえばカスタムカーの祭典 ”東京オートサロン”
2014年1月10日(金)から12日(日)にかけて幕張メッセで開催されており、金曜日の特別招待券を頂いたので、早速現地に行ってみました。

2014_Tokyo_Auto_salon_1.jpg
金曜日の午前中は特別招待券を持っている業界関係者や出展関係者、ジャーナリストや報道関係者などが基本的に入場が出来て、ブースの決まり事として ”音楽を流してはダメ!”という決め事があるので、例年同様に静かな幕開けとなりました。

午後は一般来場者が入場できて、各展示ブースでは音楽やステージイベントも開催。 寒さを吹き飛ばす熱気へと様変わりしました!

2014_Tokyo_Auto_salon_2.jpg
さて、展示されているカスタムカーといえば、コンセプトカー、コンプリートモデル、スポーツ、ドレスアップ等いろんな種類が多いのですが、毎度のことながらセンス良くまとめた車が少なく感じます。 見た目の派手やウケを狙って、ベース車両の性能・パフォーマンスを悪くするといった考え方はどうかと思う。

そうした中で好印象だったのが(株)Blowさんが出展していた「スズキ・エブリイバン」

一般の人からすると単なる商用バンにしか見えないのですが、車に詳しい人が見ると「おおっ!」となる訳です。 フロントバンパー、サイドステップ、リアバンパーにエアロを装着していますが、原着塗装に見せかけた艶消し黒塗装を施していたり、足まわりはスチールホイール風デザインのスピードマスター製の15インチアルミホイールを装着。

また、クオーターウインドはスムージング化しているし、フェンダーアンテナをあえて付けている。 純正でありそうで無かったものを付けているのだ。

車のオーナー様に話を聞いた話をまとめると「取引先との関係で商用バンでないと出入りすることが出来ず、商用バンをベースにノーマルのイメージを壊さないようにカスタムしている」とか。 ちなみに室内にはウ-ファーを積んでおり、スピーカーに蓋をすると工具箱に見えるといった点も付け加えておく。

Reliant_Rialto_Estate_1.jpg
会場には珍車「Reliant Rialto(リライアント・リアルト)」が居ました!
Reliant Rialtoとは、英国リライアント·モーター·カンパニーが生産していた3輪マイクロカーで、Reliant Robinの後継として1981年から1998年まで生産されていました。 

何で3輪構造を採用したのか? と疑問が湧くと思いますが、当時イギリスでは3輪自動車はバイク免許で乗ることができ、税金の優遇措置などによって、低労働者階級の移動の足として人気があったのです。

んで、英国ドラマ「Mr.ビーン」にReliant Robinが登場してから日本や世界各国で「Reliant」という車が知名度を上げたのです。 ドラマではMr.ビーンがReliant Robinをバカにしてましたね。
Mr.Bean VS Reliant Robin
Mr.Bean ”Parking”
また、英国BBCの辛口自動車情報番組「TOP GEAR」でも弄られていましたね。
TOP GEAR

Reliant_Rialto_Estate_2.jpg
メカ好きな方が足周りを覗き込んでいたり内装を見ていたりと、珍車の造りを確認されていました。 ホディカウルはFRP製で、車両重量は490kgと現在の軽自動車の約半分の軽さ。 ボディタイプは画像のエステートの他、ハッチバックなど3種類ほどあるらしい。

エンジンは4気筒OHV 850cc(40ps)を搭載。

Reliant_Rialto_Estate_3.jpg
フロントサスは片持ち式で手前には操舵系ロッドが見える。 左側にはオイルパンがあるので、エンジンを整備するにはFRPのボディカウルを外して行うのかもしれません。

左上部にはタイダウンフックがあり、フレームに直結するにはこの位置はやむなしか。

2014_Tokyo_Auto_salon_3.jpg
トラック関係では2012年から出展を開始した日野自動車が熱い。
出展車両だけでみると日野デュトロ2台を出展しただけで地味な感じですが、ステージショーを待ちわびて60~80人程の行列ができていました。 過去にはポールダンスやシルエットだけを映した生着替えなどを行っており、今回も期待が大きいのです。

2014_Tokyo_Auto_salon_4.jpg
最初は日野デュトロのPRに始まり・・・

2014_Tokyo_Auto_salon_5.jpg
ビキニダンサーによるパフォーマンス!

2014_Tokyo_Auto_salon_6.jpg
最後は水兵さんのコスプレでフラッグダンスを披露。

相変わらず日野はブレていませんね!!
スポンサーサイト

| Event report | 15:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご相談

初めまして同志99と申します。
私はプラモデルを作るのが趣味です。
そんな中でもいわゆる草ヒロ、放置された車両のプラモデルを使ったジオラマなどを製作しております。
現在フジミのレンジャー2というキットを購入して何かジオラマを作ろうと思っているのですが、トラックに疎くこのレンジャー2というのがどういう車両で年式なども調べてもあまり理解出来ませんでした。
レンジャー2はデュトロの前身ということでいいのでしょうか?それともレンジャー系列の車なのでしょうか?
もし暇があればここら辺を解説した記事など書いていただけると非常に助かります。
厚かましいお願いで恐縮ですがもし気が向きましたらよろしくお願いします。

| 同志99 | 2014/01/26 11:02 | URI |

同志99様

初めまして。 トラック系のモデラーさんはデコトラ系が多い中、草ヒロ系ジオラマという玄人好みのジャンルの方でしたか。

今週末にでも、レンジャー2の画像と情報をアップしますので、もう少々お待ちくださいませ。

ちなみにレンジャー2は、日野自動車が1978年に「ウイングマークの白い2t車」というキャッチフレーズで発売を開始した小型トラックで、1980年には3t積のレンジャー3を発売しています。 しかし、このレンジャー2は”トヨタ ダイナ”をベースにフロント周りの意匠を日野風にモデファイしたもので、”ダイハツデルタ”も同じようにダイナをベースに製造されました。

レンジャー2,3は途中2度のフルモデルチェンジを行ったのち、1999年に日野デュトロへ切り替わりました。 

| Route★ZERO | 2014/01/30 23:37 | URI |

Route★ZERO様返信ありがとうございます。
実は明日より出張に一ヶ月ほど行くことになっており折角のレンジャー記事にコメントする事が難しくなると思われますので先にお礼を申し上げておきます!!
ありがとうございます!そして楽しみにしております!!

| 同志99 | 2014/02/01 19:50 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/242-61a30733

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。