【Ural 375】 旧ソビエト連邦時代の6×6トラック

6 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在、ソチ冬季オリンピックが開催されていますが、連日のメダル獲得など日本人選手の頑張りに”パワー”を頂いております。 これまでの夏冬のオリンピックといえば、女性選手中心に話題になっていましたが、今回のソチでは男性陣の活躍が光っていますね。

さて、ソチといえばロシアの避暑地、ロシアと言えば旧ソビエト連邦、旧ソビエト連邦といえば冷戦時代には悪役のイメージ(教育環境の影響)が刷り込まれ、「寒い土地で娯楽も少なく人々は暗い」という印象を抱いていました。

ところが数年前にロシアの首都モスクワを訪れた経験等で、ロシアの印象が大きく変わったのです。分かりやすく表現すると「大雑把でテキトー」「強引で無神経」柔らかく表現すると「ダイナミック」かな。

モスクワ空港でタクシー手配してもらったら、カローラクラスの小型タクシーが現れたんですよ。トランクにはスーツケースが2つしか入るスペースがないのに、無理やりあと3個載せようとしてスーツケースが割れたことがありました。

また、そのタクシーが大渋滞にはまり、仕事会場に着いたのが夜の9時過ぎと大幅に遅れ、現地の女性スタッフ(美女)が「夜食を頼むからこのメニューから好きなものを選んで」と言ってきたので、好きなものを選んで30分近くお腹を空かして待っていると、その女性がやってきて「お店は9時で閉まっている」と悪びれる様子もなく言ってきたり…

Ural_375_1.jpg
さて、ロシア製トラックといえば「時代遅れで軍用関係で開発された車両」のイメージが強いですね。

第2次世界大戦辺りまではアメ車を参考にした自動車車開発を行っていましたが、冷戦時代に入り欧州等から車の輸入が制限されたため競争が無く、モデルチェンジのペースも遅くなり次第にロシアの自動車産業が時代遅れになってしまったのです。

画像はロシアで撮影したURAL自動車工場製の「Ural 375」全輪駆動トラックです。軍用車だけにへたに撮影すると捕まったり、撃たれそうなので遠方より撮影。

Ural_375_2.jpg
この2台の「Ural 375」はベルリンで撮影したもの。

ロシアは春になると雪が溶け出し、舗装されていない道路は泥濘になり、あちこちで川ができます。車体設計は古くてもそういう道路状況でもカンガン走れるような車体造りはさすがですね。「Ural 375」は軍用車だけでなく、木材運搬用として使用したり、スタックした車両を救助するためのレッカー用などロシアでは広範囲に使われています。

ボンネットの右側からキノコみたいなものが生えていますが、これは水没してもエンジンが空気を吸えるようにしたシュノーケルで、農業用トラクターのようなタイヤと合わせて、かなりスパルタンな印象を受けます。

Ural_375_4.jpg
指揮通信車や兵員輸送用として荷台にはプレハブのような箱型キャビンを乗せていているのですが、幌荷台だと寒い土地柄なので兵隊さんが凍死するのかな。

Ural_375_3.jpg
ホイルの中央(ハブ)からタイヤのバルブにかけて変なパイプが付いていますが、これは「タイヤ空気圧制御装置」というもので、悪路での走破性を高めるために全てのタイヤに取り付けられ、運転席からの操作で空気圧を調整するものです。

技術は戦争によって進歩するのが多いのですが、人間が競うオリンピックがあるのなら、技術を競うオリンピックも大々的にやらないのかな?と思います。 そうしたら日本勢は結構強いかも。


【Ural 375 4.5t積】
推定年式 1965-1976年

1965年、戦後世代の軍用トラックを近代化するため「Ural 375」トラックが開発された。
1969年、改良型(汎用型?)の「Ural 375D」を開発し、軍用/民間用として使われる。
1976年、Ural 375をベースに「Ural 4320 6t積」を開発。
4320は現在でも継続して生産が続けられているらしい。
ページトップ