<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Fuso T652】高所作業中の40年物

5月連休中、北海道のある町内を走行していると、前方に怪しげな高所作業車のゴンドラを発見。 木々の隙間より全体のフォルムが見えると、丸みを帯びた独特のデザインですぐにあの車種だと分かり、寄り道をしてしまいました。

Fuso_T652_Kou_1.jpg
ジャジャーン! ”三菱ふそう T652 高所作業車” でございます!

穴掘建柱車や高所作業車で有名な愛知車輌(現:(株)アイチコーポレーション)製のスカイマスターを架装し、大きく育った庭木の剪定作業を行っていました。

ここまで大きな木になると、脚立(8尺)での個人作業は無理ですよね。 

Fuso_T652_Kou_2.jpg
テンポ良く剪定作業が進む中に失礼し、撮影をスタート。
約40年前の車輛ではあるものの、周囲の景色が映りこむ程のツヤツヤで、淑女も羨むほどの美肌を披露していました。

ふそうT65系はエンジンの馬力によって車名を変えており、125psで経済的なT652、135psでイキイキした走りのT653、145psで余裕の走りのT654、160ps直噴で最高性能を誇るT656に分類された”実力シリーズ”で構成されています。

この高所作業車はT652なので、経済性を重視して選ばれたのでしょうね。
またT652は荷室長が4.5mと5.2mの2車種しかラインナップを持っておらず、5.7m以上の長尺ボディやダンプボディは存在しません。

キャブカラーは鮮やかなオレンジ色にボディの稜線(プレスライン)に合せてブルーの帯が巻かれているのが新鮮でした。

Fuso_T652_Kou_3.jpg
ゴンドラを降ろした姿です。
ゴンドラが運転手の上方視界を塞いでいるので、信号機の確認がしづらいだろうな・・・

作業用の機械と相まって、デコられたトラックとは違ったカッコよさと男らしさを感じ、毎度ながらこうした作業車に心惹かれるのであります。

Fuso_T652_Kou_4.jpg
車輛移動のためアウトリガーを一旦戻しているところで、燃料タンク後方のレバーを操作しつつ安全確認も行っています。

作業着には電気工事の会社名があり、電気工事以外にこうした作業も幅広く行っているんですね。

Fuso_T652_Kou_5.jpg
室内の方もとてもきれいにされており、いいコンディションを維持していました。
(メーター読みが正しいのであれば4万km強の走行距離)

当時のカタログには「機能とゆとりのドライビング空間」と謳われていますが、今時のトラックを基準にするとちょっと狭さを感じますね。 この時代よりインパネ周りは樹脂カバーで覆われて安全で快適な室内へと変化していきました。

※関係者さま
この度はお忙しい所お邪魔し、いろいろと教えて頂きましてありがとうございました。

【Mitsubishi FUSO T652】
推定製造期間 1975-1976年

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役
撮影地 北海道
撮影日 2014年4月



1970年11月、大ヒットしたT620をフルモデルチェンジし、T650型(4t積)とT651型(4.5t積)を発売。
T650型には120psにパワーアップした6DS1型エンジンを搭載、T651型には130psを発生する6DS5型エンジンが搭載されていた。

1971年4月、T650型/T651型のバリエーション車として特装車5車種を発売。(トラッククレーン、ミキサー、タンクローリー、簡易クレーン付き車)

1972年8月、排気量アップと出力アップを図った新エンジンを搭載するとともにラジエーターグリル周りを変更。
このとき発売されたのは、6DS3型(5,103cc、125ps)エンジンを搭載したT652型(4t積)と6DS7型(5,430cc、135ps)エンジンを搭載したT653型(4.5トン積)

1974年2月、新開発エンジン6D10型(予燃焼室式5,974cc、145ps)を搭載したT654シリーズ(4~4.5t積)を発売。

1973年1月、中型トラックのキャブを改良し、視界、安全性、操縦性、居住性などの向上を図り、ドライバーの肉体的、心理的疲労の軽減を図ったデラックス仕様を設定。T650系のカスタムキャブとして発売した。

1975年6月、中型トラックでは当時国内最強パワーを誇る直列6気筒直噴ディーゼル6D14 型・160psを搭載したT656型を発売した。

1976年7月、中型トラックのT65系をフルモデルチェンジ。「FKシリーズ」として発売。
スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 13:17 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

特装車は低馬力シャシに架装する・・・
昔からの法則ですね。

過積載の恐れがない、架装物が重くて高いから、軽くて安いシャシが選ばれるんですね。

今じゃフルキャブの4t車がベースに選ばれることはまずないでしょうが、当時はフル8tのデイキャブ4tがなかったのは勿論、意外なところでは重量面では3tシャシでも十分でもワイドキャブワイドトレッドの(2tベースの)3tシャシがなかったため、転角の関係で4tシャシが選ばれることがあったようです。

実際今でも3tナロウキャブの高所作業車が走行中に横転したなんて話、聞きますよ。
それだけ高重心なんでしょうね。

| 元はとばす | 2014/06/08 10:48 | URI | >> EDIT

お久しぶりです!

自宅でインターネットを使用できなくなってしまいまして(汗)スマホでは拝見していたのですが、なかなかコメントは出来ずにいました・・・

T65系がここまでキレイな姿で現役とは!冬季は例のごとく車庫で冬眠でしょうね。うちの近所にいたT653のクレーンも一昨年あたりに消えてしまい、それ以降T65系は実物を見ていませんねぇ

こういった特殊車はいいですよね!トラッククレーンや建柱車ももちろんですが、土木バキュームなんかはメカニカルで男心をくすぐられます。

あと、近況報告ですが、バイソンの簡易ローリーが中古車屋に流れたようです。現在は店頭に乗用車に紛れて並べられているもののプライスボードの提示も無く、どのように扱われるのか・・・。スクラップだけは避けてもらいたいものです。

| EP100 | 2014/06/09 09:40 | URI | >> EDIT

こんにちは。ご無沙汰しております。
地元では現役のFKはまだまだ走っていますが、さすがにT65系になると廃車体で見る限りです。
1人乗りのバケットが2個付いたものは初めて見ました。
金属製ではなさそうなんで、主に電気工事で使用されるものでしょうね。
自分も仕事柄、高所作業車に乗ることが多々ありますが、ブームがなんだか細そうなんでこれで作業するのはなんだかちょっとコワイかも…
あと、以前の記事の中にある日産C80ですが、実動かわかりませんが、それらしき車を地元でナンバー付きで屋根下にあるのを発見しました。

| カネヒデ | 2014/06/09 12:43 | URI | >> EDIT

これまた素晴らしい大物、それも現役とは。
艶々のカラーリングも実に粋ですね。
切った枝が若干車体を直撃してそうですが。

私ももっと修練を積んでこんな大物を見つけてみたいものです。

| おけさ | 2014/06/09 21:10 | URI |

元はとばす様

当時はまともな幅広の3tシャシがありませんでしたね。
いっぽう現在の高所作業車(高架の点検等)といえば、3t幅狭シャシが多く、コメントのとおり横転事故が多いというのも問題ですね。

走行中の横転というのもあるんですね、知りませんでした。

| Route★ZERO | 2014/06/14 11:56 | URI |

EP100様
お久しぶりです。学業の方も忙しいのではないでしょうか。

T653クレーンとバイソン油槽車の近況情報ありがとうございました。年が経つにつれ各地の旧車の不幸な話が舞い込んできて寂しい限りです。 群馬エリアにT65系の黄色い特殊車両が残っていますね。

私もダンプや平ボデーよりも、バキュームや油槽車などの特殊車両を見つけた方が、付加価値があって嬉しいですね。台数が少ない事と、メカニカルな架装の方にも目がいってしまうからですね。

| Route★ZERO | 2014/06/14 12:06 | URI |

カネヒデ様
ふそうFKもここ数年で一気に数が減ったように思え、登録から30年超えが一つの壁になっているように感じます。

ブームの細さについて、経験者からの目で見た気持ちの部分も分かって大変参考になりました。

なんと日産C80らしき車体がいるんですか!
それは素晴らしいですね。

| Route★ZERO | 2014/06/14 12:13 | URI |

おけさ様

いやいや、たまたま通りすがっただけで、運が味方したんでしょうね。 それから、おけさ様がこれ以上腕を磨いたらとんでもない怪物になってしまいますよ。

オレンジ色のT65系っていうのも新鮮ですね。

| Route★ZERO | 2014/06/14 12:23 | URI |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/12/04 15:38 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/252-97371b08

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。