<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Hino HE】 出番待ちのハイキャブ

北海道に生息している三菱ふそうFVダンプの情報を入手し、2014年のゴールデンウイークは北海道で捜索を行っていました。 その際、ある整備工場に情報を求めて飛び込んでみると、工場脇にとても貴重な大型トラクタが待機していました。
ふそうFVダンプの捜索

朝の時間帯だったせいか、工場前の敷地に従業員がラジオ体操?朝礼?待ちの雰囲気で、突撃したこともあり、少し恥ずかしい思いをしながら撮影したことを思い出します。

Hino_he_2014_1.jpg
貴重な大型トラクタというのは 「日野HE型トラクタ」 です!

HE型はアクスル形式が4×2の高速型で、6×4の重量物運搬型のHH型、6×6の超重量物型のWG型というトラクタとともに、この時代のトレンドを牽引していました。

フロントグリル内の横バー形状、2色タイプのウインカー、日野ウイングマーク横のHEエンブレム、フロントオーバーハングが短いという特徴から、1971年から1976年にかけて製造されたHE型の中期モデルになります(ハイキャブ化された最初のモデル)

キャブの塗装が傷んでいるとはいえ、ハイキャブならではのアメリカンスタイルと重厚感があり、今でも古いトラック好きの間ではとても人気のあるトラックなのです。 

HE型ハイキャブは70年代の貨物輸送の大量高速化のニーズを狙って、ダブルストレーラー(セミトレーラーの後に同サイズのトレーラーを連結して構成するタイプ)も意図したショートBFW(Bumper to Fifth-wheel)というフロントバンパーから連結全長をできるだけ短くするパッケージで誕生したもので、フロントオーバーハングは当時の日本で最小の920mmとなり、必然的にハイキャブ方式のアメリカン・スタイルになったのでした。

International_Transtar.jpg
日野のデザイン部門の方によると、日野HE型ハイキャブのデザインを参考にしたのは米国の「International Transtar」ということで、特にクロムメッキを施したフロントグリルに相似したものを感じさせます。※画像はInternational TranstarⅡ

どうりでアメリカン・スタイルに見えるわけですね。

Hino_he_2014_2.jpg
日野HE型ハイキャブは整備工場内限定で使われており、古いがまだまだ使えるだとか。 この工場にやってきたのは昔だったようで、ベテランの従業員さんも「俺が勤めだした頃にはあったなあ」と言っていました。

真っ黒の日野ハイキャブといえば、トラック野郎 男一匹桃次郎 のライバル車で登場した「子連れ狼」を連想する人も多いのではないでしょうか。 子連れ狼は6×4のHH型でしたが、若山富三郎さんや夏目雅子さんが乗っていましたね。

バックミラー類は樹脂製に交換されていますが、70年代の雰囲気でいえばオーバル型のトラ柄ですね。 後付された煙突マフラーの出口の向きも気になります。

整備工場に居る事も幸いし、きちんとしたメンテによって機関は好調のようですが、できれば塗装をして化粧直しした姿を見てみたいです。 

関係者の皆さま、お忙しい中対応して頂きましてありがとうございました。


【Hino HE(中期型)】
推定製造期間 1971-1976年頃
絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★★
状態  構内車
撮影地 北海道
撮影日 2014年4月


【1970年】大型トラックのモデルチェンジに伴い、4x2のHEに新キャブを採用して登場。
【1971年】燃費とパワーで優れた直噴ディーゼルの“赤いエンジン”を搭載し、このときに初めてキャビンをハイキャブ化させたトール&ショートキャブスタイルになる。 エンジンにはEF100型ターボ、EF100型自然吸気、EG100型の3種類をラインナップ。
【1976年】新エンジン2機種を搭載すると同時に、キャブの搭載位置を前方に移動させたマイナーチェンジを実行。外観はフェンダー周り、ウインカー形状、グリルデザインが変更されて、ハイキャブの熟成を図った。 新たに投入されたエンジンはEF500型(315ps)とEF700型(330ps)の2機種。
【1980年】昭和54年排ガス規制の対応とともに、特徴的なハイキャブスタイルから一般的な大型トラックと共通のローキャブスタイルに変更された。エンジンにはV10 EV700型(415ps)を筆頭に3機種を搭載するなど、環境とパワーを兼ね備えたラインナップとなった。 (この当時、大型トラックの巻き込み事故が社会問題となっており、ハイキャブスタイルがやり玉になった話もあるとか)
【1981年】トラクタシリーズがスーパードルフィンに移行したため、HEの生産を終了。
スポンサーサイト

| Hino | 22:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/06/22 22:16 | URI |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/09/23 20:20 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/254-3ccba689

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。