<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【81式自走架柱橋】 災害に備えて・・・

毎日毎日夕方になると、雷と共に豪雨に襲われております。
梅雨とはいえ、尋常じゃない降水量によって大きな水害が発生しないことを祈ります。

水害といえば、ちょっと日を遡って5月17日に「第63回利根川水系連合水防演習」が宇都宮市の利根川河川敷で行われました。

水防演習とは消防団の士気高揚や水防技術の練磨、水防の重要性や市民の水防に対する理解・協力を目的としているもので、国土交通省、陸上自衛隊、県警本部、日本赤十字社、消防本部などが参加しています。

普段は見る機会が無い特殊車両も多数演習に参加するため、変な乗り物目当てに会場を覗いてみることに。

Type81_self_propelled_bridge_1.jpg
この日一番注目したのは 81式自走架柱橋 です。

河川など車両が通行できないような箇所に迅速に橋を設置し、車両等の行き来が出来るように処置するのが主な任務で、6両1編成として1両あたり10m、最大60mの橋を架ける事が可能です。 

この日は3両が水防訓練に参加しており、2両の自走架柱橋は水防訓練が始まる前に橋を架けていました。

Type81_self_propelled_bridge_2.jpg
関係者や一般客が見守る中、残りの1両が橋を架けるために走り出しました!

キャブは1983年に登場した三菱ふそう「ザ・グレート」を採用していますが、全輪駆動ということでハイキャブ+バンパーライト化されているし、三菱マークやFUSOのエンブレムもありません。 

Type81_self_propelled_bridge_3.jpg
すでに架けてあった橋に上り、バックしながら慎重に進みます。

Type81_self_propelled_bridge_4.jpg
ホイールベース中央と後方の4箇所にアウトリガーを降ろして踏ん張りやすくすると、背負っている橋げたをセットする動作に入りました。

Type81_self_propelled_bridge_5.jpg
はい、対岸に橋を架け完了!

Type81_self_propelled_bridge_6.jpg
と思ったら、人の手によって固定作業およびスロープの取り付けが残っていました。

Type81_self_propelled_bridge_7.jpg
一仕事を終えた81式自走架柱橋が軽快に走り去って行きます!

最新の設備や装備を揃えていても、使う人の技量が備わっていないと災害は拡大するので、いざという時には普段からこのような訓練が必要だと実感しました。 
スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 01:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クーラー無し→エアコン装備→運転席の三角窓が開閉可能に→ラジオ装備になりました。ダンプについてはなかなかザ・クレート化されずFシリーズ後期形を長年使い続けました。

| | 2014/06/24 22:14 | URI |

水防演習前日の夕方、柳田大橋の上から河原を走る姿を見かけました。(バイクでしたので良く見えました)

こうした車輛が生活の平和のために活躍する姿を一般市民に公開するのは大変有意義なことだと思います。
まさに日本の自衛隊の面目躍如ですね。

曲線の多いイマドキの車輛より直線的なスタイルのサ・グレートは国防色が似合います。

| | 2014/06/24 22:36 | URI |

名前を書き忘れてました。
前日に目撃した純自家用でした。

| 純自家用 | 2014/06/24 22:39 | URI |

新車の自走陸送で自衛隊のふそうFWに乗ったことがあります。
登場市販車は、ACこそディーラーオプションでしたが、パワーウインドウも標準装備で車内フルトリムの絨毯引きで三角窓や寝台窓もはめ殺しでしたが、自衛隊向けは鉄板剥き出しの簡素な内装、即窓も全部開いた気がします。
登場重トレで一般的な5×2の10速でした。
無論キャブ付シャシでしたが重い感じでハンドルの切れ角が悪かったです。

さて、同じFWでも除雪シャシとは前軸のセットバック量が違うのが分かりますね。
除雪シャシは軸重の関係で前軸の位置が前なのはわかりますが、自衛隊のFWが6×4と比べ前軸の位置が前なのはどういう理由でしょうね。
アプローチアングルでしょうか?

またトラクタでもダンプでも市販車よりWBが長いのも理由があるのでしょうね。

| 元はとばす | 2014/06/25 13:34 | URI | >> EDIT

純自家用さま

この時期、柳田大橋周辺地域は夕方になると雷が発生して夕立になるケースが多いですね。また朝夜の通勤時間帯はバイクの数も多く、アジアの新興国のような錯覚になります。安全運転に気を付けてくださいませ。

多分、どこかですれ違っているはずです。

| Route★ZERO | 2014/07/06 19:02 | URI |

元はとばす様

一般車両に限らず、いろんな車両の乗車経験があるんですね。
私の方は自衛隊車両にはちょっと距離があるというか、仕様について全く分かっていなかったので、参考になりました。

海外の軍隊の人から生で「日本の自衛隊車両が羨ましい、なぜならエアコンが付いているから」と聞いたことがあります。何の車両のことを言っていたのかは分かりませんが、最近ではエアコン付の自衛隊車両が多くなっているようですね。

自衛隊車両の前軸の位置に関して、理由はよく分かりませんが、アプローチ角の件もあるかもしれませんが、船舶等で運搬する際に車体を出来るだけコンパクトにしたくてハイキャブ化してバンパーから前軸の距離を短くしているかもしれません。 また、除雪車はスノープラウなどの装備品の関係でフロントオーバーハングが取れないのでは。

| Route★ZERO | 2014/07/06 19:28 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/255-cb206cc7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。