<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Toyota Kijang】インドネシアの多目的車 「初代キジャン」

昨年(2015年)の12月、インドネシアのジャワ島を訪問する機会がありました。

こちらの車事情は現代の車と混じって、1970年代の日本車を中心に40年選手が普通に走っているし、黄金キャンター(現地名Colt diesel)は写真を撮るのも面倒なくらいにウジャウジャ見かけます。 旧型商用車ファンにとっては夢のような世界ですね。

さて、インドネシアでは長年見てみたかった多目的車 「初代トヨタ・キジャン」 を獲得するのが最大のミッション。

貴重な初代キジャンをGetするため、暇をみてはいろんな場所を歩きまわったものの、大都市のジャカルタやスラバヤではキジャンの獲得ならず・・・
(2代目だったら見かけたが)
「都市部には居ない」と悟った私は、中部ジャワエリアの田舎地域で探索してみると、

そこには・・・

Toyota_1st_Kijang_1.jpg
いた!いた!いた!いた!

朝市近くの屋台が並んだ場所で初代トヨタキ・ジャンが居ました! 
でも駐車位置の関係でフロント側の写真撮影が今一つ。
近くにボーッと椅子に座っている人に、「この車のオーナーは誰?」 と聞いてみると、
その人は屋台に居る人を指差して教えてくれた。

早速キジャンオーナーに写真撮影の件で話しかけてみると、

キジャンオーナー  ( ゚д゚ ) 「????」 

何で俺の車を撮る必要があるのか? みたいな表情をしていたので、
チップを少量渡すと、キジャンオーナーは無言で車の方向へ歩き出しました。

Toyota_1st_Kijang_2.jpg
青のノースリーブ ジャケットを着ている人はフリー誘導員で、キジャンオーナーを教えてくれたのもこの人。 車をバックさせる時に誘導し、その見返りにチップをもらうことで収入を得ているらしい。

写真を数枚撮った後、キジャンはすぐに走り出したため、細かい部分は観察できなくて残念でしたが、かなりオリジナルを保っている車体でした。 
(理想をいうと、窓はガラスじゃなくて幌タイプを見たかった)

Toyota_1st_Kijang_3.jpg
こちらも中部ジャワの地方都市で見かけた初代キジャン。

初代キジャンは1977年6月に発売された多機能車で、この初期モデルは「必要最低限の機能」と「過酷な使用環境にも耐えうる性能」、そして汎用性に豊んだ低価格車」というコンセプトに基づき、ノックダウン(CKDタイプ)された車両で、インンドネシアのほかフィリピンやマレーシアなどでも現地名で発売された。
(残念ながら日本での販売はされていない)

初代、2代目キジャンは折り紙細工のようなボディが特徴ですが、これにはインドネシアでノックダウン生産をする条件に、ボディ部品を現地で調達する必要性があったが、現地の技術で設備投資を少なくすることを考慮した結果、直線の折り曲げを行うベンドを中心にした結果だったから。

Toyota_1st_Kijang_4.jpg
続いて中部ジャワのガソリンスタンドで見かけたピンクの初代キジャン。
ちなみに給油口は助手席側のドアノブ後方にあります。

オーナーが若いだけに、足回りを中心にカスタムされていました。 フロントバンパーは2代目キジャンからの流用らしく、フロントグリルのオーナメントは宗教的なものが取り付けてありました。

Toyota_1st_Kijang_5.jpg
キジャンといえば、カロセリという町の自動車工場レベルのボディ架装メーカーとの繋がりが強く、カロセリ業者はバスボディやトラックの架装を手掛けてきた経験を生かし、初代キジャンも各地のカロセリの手によって様々なボディが製造されたそうだ。
(カロセリとはイタリア語のカロッツェリアの発音からきているのだとか) 

画像のバスボディもそうしたカロセリ業者の一つが制作したものだと思われます。
(フロントフェンダーも違っていますね)
オーナーのリクエストに応じて架装してくれるため、ニーズに合った車が素早く手に入る一方で、雨漏りとかのトラブルも多かったのだとか。

Toyota_1st_Kijang_6.jpg
カロセリの技術ではスライドドアやテールゲートを制作するのは厳しかったようで、ヒンジ式の2列目ドアやRRエンジン搭載車に見られたような、エンジンメンテリッドのようなリヤハッチが見受けられます。

Toyota_1st_Kijang_7.jpg
インパネ周りは本当に必要最低限のものしか付いていませんでした。 エアコンも無いので当然HVAC(エイチバック)も必要ないし、ラジオや時計すらありません。
今の時代だと逆にシンプルな運転席も新鮮に感じるし、楽しそうなイメージがある。
不思議なものですね。


【Toyota Kijang】
製造期間 1977-1980年

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 インドネシア 中部ジャワ地域
撮影日 2015年12月



【1976年12月】
トヨタは新たに開発した多目的用途車BUV(basic utility vehicle)をまずフィリピンに導入し、今後状況に応じて他の国々にも導入することを発表した。
(フィリピンではタマラオという名前で発売)

【1977年6月】
多目的用途車BUVをインドネシアで発売することとなり、トヨタ車の輸入・販売代理店である「トヨタ・アストラ・モーター社」を通じて販売された。
インドネシアでの車名は「Kijan:キジャン」とし、現地で鹿を表す言葉を使用した。

キジャンはインドネシアの工業化政策と多様化する輸送ニーズに対応するために投入されたもので、キジャンの組み立てはインドネシアのトヨタ車の組み立て会社である「マルチ・アストラ社」が担当するが、エンジン、トランスミッション、シャシー等は日本から供給し、キャブ、デッキ、フレーム等は現地のトヨタ・モビランド社が生産を行った。

搭載エンジンは 水冷直列4気筒OHV 1200cc のガソリンエンジンに4速フロアMTが組み合わされる。 ローサイドピックアップの最大積載量は855kgとなっており、当初の月販台数は200台であった。

初代キジャンはいろんな制約の中、台数も多く売れたとはいえないけども、国の発展に尽力を尽くした車であり、今もなお現役で使われているという現実に、敬意を表したい。
スポンサーサイト

| Toyota | 14:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ZERO様 こんにちは
またまたレアなネタのご提供ですなw

キジャン...
ゆとり世代の私(大嘘)は全く存じ上げないクルマです。およそトヨタらしからぬ旧ソ連とか東欧っぽいデザインですね。
遊びが大きそうなハンドルにヒーコン、ベンチレータ無しのインパネ。ナビやHUDなんかの未来装備とは無縁の潔さ。
IMV?のご先祖さま的なクルマなんでしょうかね?

| 住職 | 2016/07/28 11:48 | URI |

シンプル・イズ・ベストはどんな時代も金言だし、男らしい潔さが爽やかに感じられる―トヨタ・キジャンを見るといつもそんなことが思えてなりません!
小生が同車の初代を知ったのは1977年3月号(確か)のカーグラフィックの国内ニュース欄で、マークIIバンとセットで「トヨタからの新情報」の欄に「トヨタのアジアカー」の題目で紹介されていた車両がそれです!
同車=トヨタBUVタマラオはフィリピンで製造・販売がスタートし、同一設計のものが少し遅れてインドネシアで「キジャン」の名でリリースされたのが始まりでした。
上記「タマラオ」がデビューした時7歳=小学一年だった小生、カーグラフィックの同車フォトを見て「直線基調でシンプルな商用車だ、サイズ以上に堂々とジープ感覚の存在感がある!」と感じ、続いて「現状の(当時の)ライトエースなんかよりもずっと男っぽい!日本でも売りだしてほしい」と幼い胸に印象を受けた記憶も鮮明です。
思えば現在日本で売っているライトエース/タウンエースの正体は子会社ダイハツのグランマックスをインドネシア工場から輸入したもので、そうした意味ではアジアカーの一つといえると思いますが、キジャン/タマラオに見られる合目的性のある無駄の無さとは比べるべくもなく、単に「コスト優先」の色しか感じられないものですが果たして偏見でしょうか?

| 真鍋清 | 2016/07/28 21:06 | URI |

住職さま
車のコンセプトというか車の役割というべきか、個人的には1958年に登場した日産キャブライトに似ている感じがします。

キジャンはその後「キジャン・イノーバ」になり、現在は「イノーバ」として新興国市場で売られています。トヨタの新興国市場を狙う世界戦略車IMVシリーズのミニバン系機種ですが、車体がラダーフレームなので乗り心地は期待できないかも。

| Route★ZERO | 2016/08/01 06:38 | URI |

真鍋清さま

ASEAN地域の年収は高くないので、車の購入重視点は「車両価格」「信頼性」「ランニングコスト」が上位になります。
見た目は多少悪くても、仕事ではタフで長持ちする車が喜ばれるんでしょうね。

田舎の農村では、家族や親戚でお金をかき集めて商用車を購入したり、土地を売ってトラックを買って賃貸ビジネスをする人もいます。 彼らにとっての車は生きていくための道具であり、家族が行きたい所に運んでくれる乗り物でもあります。 
日本と違って低価格車であっても、車に対する思い入れが全然違います。

| Route★ZERO | 2016/08/01 07:11 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/264-b2b789d0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。