<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【三菱ふそう MK115F】 温泉客送迎用で稼働中!

FUSO MK115F-1.jpg
2007年頃には中国オリンピック景気による輸出向けの鉄屑価格高騰し、廃バスや廃車がどんどん撤去されていったのはつい最近の事のように思えます。
それまで昭和時代のトラックを中心に撮影していましたが、最近ではバス方面にも撮影範囲を広げております・・・

先日、お年寄りが多そうなエリアの町道を走行中に'70年代のモノコックバスを発見!!
8m強の短尺ボディはとっても可愛く、花粉で汚れるこの時期でもピカピカにボディを洗ってありました。
後部のテールライト下には一時期採用されていたMマークがありますが、フロント中央の三菱バスマークが外されてたのが残念です。
運転席に向けてダッシュボードには年代モノの扇風機が取り付けられており、車体のいいアクセントになっています。

温泉施設の送迎用として今でも地元の高齢者や団体客などを運んでいるようです。

FUSO MK115F-2.jpg

【Mitsubishi FUSO MK115F】
推定製造期間 1976-1979年頃

B622B/B623Bの短尺ボディ車の後継として1976年にMKシリーズの2車種が登場。
MK115Fは全長8140mmで29人乗り、兄貴分のMK115Hは全長8730mmで59人乗りでした。
エンジンは中型トラックのふそうFKと同じ6D14型直噴ディーゼルエンジン(160PS)を搭載。
1979年には昭和54年排ガス規制をクリアしたエンジンを搭載する”K-MK116系”にモデルチェンジし、1981年のキュービックスタイルのスケルトンボディが登場するまでこのスタイルを踏襲する車体でした。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 栃木県
撮影日 2011年3月
スポンサーサイト

| Medium-size Buses | 18:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いやー、モノコック車はかなり貴重ですよ。ふそうはスケルトン化が微妙に早かったのでさらに少ないですね。いすゞなんかは結構後まで(84年くらいまで?)モノコックでしたし。
そんな僕はモノコックバスはいすゞ信者です(笑)

| EP100 | 2011/04/02 09:52 | URI | >> EDIT

EP100様、こんにちは。

モノコックバスの現役車は、宿泊施設等の送迎用か学校が所有するスクールバス位しか見なくなりましたね。
子供の頃、観光バスがスケルトンに入れ替えられていた時代を体験しており、自分たちが乗るバスが”モノコック”だったら”ハズレ”という感覚でしたよ。

いすゞ信者ですか、私は今のところ何でも可です。

| Route★ZERO | 2011/04/02 12:33 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/28-81604203

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。