<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【620型 ダットサン トラック 】 ノーマルの方が珍しい

Datsun 620-1.jpg
ピックアップトラックが日本市場から撤退して10年近く経ちます。
今でもトヨタ ハイラックスやダットサン トラックなど、海外では売られているのですが、
日本では積載効率の面でキャブトラックに市場を奪われ、商売が成り立たなくなったのが原因です。

1960年代までは、ピックアップを仕事車として使うのはもちろん、休日にはファミリーカーに代用する家庭もあった程で、私の家でも1980年頃に乗用車が事故で使えなかった時にマツダ プロシードを乗用車の代用として使っていました。

子供の頃に近くの大工さんが620ダットラを仕事車で使っており、スタイリッシュなデザインと青いカラーリングがとてもカッコよく、子供ながらに「家のプロシードよりダットラの方がいいなぁ」と思っていました。
アメリカではカスタムのベースとしてブームになったし、日本では今でも根強いファンが多く、カスタムされた車両をたまに見る事がありますね。
(多くは車高を落としてアルミホイルを履かせた車両)

画像の620ダットラはロングボディ仕様のノーマル車で、ノーマルを見かける事は非常に珍しくなりました。
スチール製のホイルカバーやフォグライトがレトロチックで、70年代の雰囲気を演出したアイテムとしてポイントが高いです。

Datsun 620-2.jpg
後部のステッカーを見てみるとTOCHIGI NISSANのトリコロール柄やDATSUNのフォントが昭和っぽくてGOOD!

【7th Datsun Truck 1500 Long-Body(GN620)】
推定製造期間 1976-1977年頃

1972年に7代目ダットサントラックとしてデビューした620型は、北米マーケットを意識したデザインで日本や海外で人気を博しました。ボディはショートとロングとWピックアップの3種類の一方開き仕様がラインアップされ、キングキャブ仕様も後から追加されたようです。
1976年、日産九州工場の稼動と共に生産され、ドア下にモールが追加等の少変更。
1977年のマイナーチェンジでディスクブレーキの採用やフェイスリフトが行われ、1979年登場の8代目にバトンタッチするまで製造されました。

絶滅度 ★★☆☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 栃木県
撮影日 2009年11月
スポンサーサイト

| Nissan | 01:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これこそが、「ピックアップ・トラックらしいピックアップ・トラック」です。

 初めまして。「栄光」といいます。
『DATSUN』ブランドが復活すると聞いて、熱くなり、また嬉しくなっている時に、こちらにたどり着きました。

 ダットサン620ですか。見るからに良い車輛です。
 わたしは、これこそが、「ピックアップ・トラックらしいピックアップ・トラック」だと思っています。これで荷台が長ければ、本当にスマートで、カッコイイです! 斜め後ろからのアングルも良いです。

 ダットサン620は、日本では商用車でこそありますが、元来は米国市場を意識して開発された車輛ですから、ウェスト・コースト沿いのハイウェーに似合う車輛なのでしょう。

| 栄光 | 2012/03/21 22:06 | URI | >> EDIT

栄光さま
「Datsun」ブランド復活の話に熱くなるということは、クルマの経験が豊富な方だと想像します。

復活の背景として、自動車販売が伸び行く新興国向けに手ごろな値段で自動車を出した場合、日産自体のイメージが安物車になってしまうのを恐れ、第3のブランドとして作ったと理解しています。(第2のブランドはインフニティ)
最近では中国専用の新ブランド「啓辰(ヴェヌーシア)」なども立ち上げていますね。

コメントの通り、ダットサン620は北米を意識していますね。キャビンの後方を拡大したキングキャブを登場させたりしましたからね。

| Route★ZERO | 2012/03/25 21:17 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/36-cb309606

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。