<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【いすゞTD70 / TDJ72】 ボンネットクレーンが豊作で・・・

TD-1.jpg
古いトラックの写真を何千枚も撮影していると、ルーフの一部が見えただけで大体の車種が判別できるようになります。
先日も栃木県のバイパスを走行中に小さめのルーフと速度表示灯が見えて、長年の経験上”TD70”と分かりました。
実はこのクラスのクレーン車はTD70/TDJ72の生存率が高く、これまで見かけた事が多かったんです。

ナンバーを切られてかなりの月日が経っているようですが、原型は保ったままでありフロントグリル以外の目だった欠品は見受けられません。
アウトリガーが踏ん張っているので、ヤード内の作業で使われているのかもしれませんね。

グリルとヘッドライトべゼルが3分割式なので、1964年から1972年にかけてのモデルと思われます。

TD-2.jpg
グリルが欠品だと間抜けに見えるので、写真を合成して本来の顔を復元してみました。

【Isuzu TD70 Truck crane】
製造期間 1963-1972年頃

リーズナブルな価格で人気を博したTXD系の兄貴分として、1959年に8t級の大型トラック市場に投入。(TD141/TD151/TD161等)
1963年にサイクルフェンダーなど古典的なスタイルを一新したTD70を投入するが、当時はキャブオーバータイプのトラックのラインアップが豊富になってきたことで徐々に競争力を失っていく。(TD70)
1972年頃にフェイスリフトを行い、ライトとグリルが連続性を持つ形状になる。(TD72)
1980年頃に排ガス規制に対応するために、インジェクション化されたエンジンを搭載したTDJ72になるが、1980年代の中頃にラインアップから姿を消す事になる。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  敷地内保管
撮影地 栃木県
撮影日 2011年5月

TDJ-1.jpg
こちらの白いTDJ72も栃木県内で目撃した車両です。
道路拡張工事で自動車ディーラーの建物を撤去したことによって、隣接している自動車整備工場横のヤードが丸見えになっていました。

金網越しで車体周辺には荷物が置かれており、撮影条件は良くありませんが車体の全体像はくっきりと分かります。普段よく通る道路での”まさか”の出現にビックリです。

車体色のスーパーホワイト(トヨタの呼び名)がオリジナルカラーだとすると1985年頃の車両と思うのですが、クレーン形状がもっと古そうな感じなので再塗装されたかもしれません。

このTDJ72はTD72をインジェクション化などエンジンを改良して、1980年頃に排ガス規制に対応したモデルと記憶しています。見分け方はボディサイドのエンブレムを見るのが間違いないのですが、細かな違いとしてグリル中央のいすゞマークが”いすゞの文字”から”図形”に変更され、フェンダーにリフレクターが付くようになりました。

TDJ-2.jpg
新車購入当時、クレーン部のみ中古品を乗せたんだろうか? それともキャビンを乗せ替えたのだろうか?
車体と架装部の時代性が違ってるように思うのですが・・・

【Isuzu TDJ72 Truck crane】
製造期間 1980?-1985?年頃
絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  敷地内保管
撮影地 栃木県
撮影日 2011年2月


スポンサーサイト

| Isuzu | 21:11 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

ルーフの一部で見分けがつくようになれば立派な中毒ですよね(笑)僕もなんですが(爆)

実はTDってまだ見つけたことがありません。いすゞに限らず大型のボンネットは総輪駆動にしか縁がないようです…

| EP100 | 2011/05/24 22:42 | URI | >> EDIT

EP100 様
車体の一部で判別出来る人もいれば、エンジン音で分かる人も居ますね。
古いトラックの動く姿を見る機会が低いため、私はエンジン音の聞き分けが出来ません・・・

そういえばEP100様が住んでいる地域で大型ボンネットを見かけないですね。庭石などの石切り産業の街に古いクレーンがあるイメージです。

| Route★ZERO | 2011/05/25 08:13 | URI |

こんばんは。

僕も音では無理ですね…V8NAと直6ターボを聞き分けられる程度です。でも、ニューパワーのV10は独特でした。あれだけは聞き分けられるかも…

うちの近辺では、ZM最終型やニューパワー後期がゴロゴロあった頃からすでにボンネットはいませんでした。子供のころの記憶まで辿ってみてもボンネットトラックは一切見た記憶がありません…

| EP100 | 2011/05/28 00:15 | URI | >> EDIT

EP100様
生まれてきた時代が遅すぎましたね。
90年代だとボンネットトラック自体が少なかったですから。
でもZM最終型やニューパワー後期が見れただけでもよかったですね。

| Route★ZERO | 2011/05/28 15:46 | URI |

TD

黄色はお化け「よせこせ車両」

| やご | 2014/02/22 19:32 | URI |

TD

グリルは初期2型41y、ドアは最終49y以降「アウターハンドル部角凹み、44y~は丸凹み、初期~は凹み無し、指示器は中期45yの感じです。再生車両のようです。推定で45y~48y辺りかな。白色はキャブオーバー主流の年式「ニューパワーZの時代、内装色が青」ですので、兼価モデルでした。 TD70系は当時、国産で最高の排気ブレーキが装着されていました。マイナーチェンジの度に性能を落としました。43y迄のモデルは遠くからでも、TDが来てると判断出来ました。 

| やご | 2014/02/22 20:00 | URI |

やご様
言葉少なずですが、年代別の詳しい判別ポイントをご教授くださりありがとうございました。

40年近い車両になると、いろんな車両から部品を集めないと維持ができないんでしょうね。

| Route★ZERO | 2014/02/23 15:38 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/58-4efbd179

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。