<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【第一汽車 解放号】 5トン級のボンネット

中国で起こった”ダンボール肉まん事件”が日本で報道されていた頃、中国に出張することになりました。
以前から中国の食品に不安を感じていたので気の重い旅でしたが、見た事の無いクルマやバイクが沢山あって自動車ウォッチングをするには刺激的な場所でした。

中国東北の吉林省 長春市は第一汽車の本拠地であったりしますが、昔は”満州国”の首都として栄え、関東軍及び日本政府の強い影響下にあったので、当時の日本を連想させるような風景が残っていました。

CA141-1.jpg
第一汽車(略称FAW)は中国で一番歴史の古い自動車メーカーで、上海汽車と東風汽車と並ぶ”中国3大自動車メーカー”です。有名なのは中国要人の専用車である”紅旗”ですが、軍用トラックも製造しています。

写真のトラックは第一汽車の第2世代モデルの解放CA141型で、おそらく旧ソビエト連邦の技術支援かコピーで製作された車両だと思われ、東風汽車(Dongfeng)のDongfeng 140にも非常に似ています。
クルマの大きさは Isuzu TXD (ボンネットトラック)と同じくらいで、トレーラーを引っ張っていますが大きくありません。

第一汽車の地元ということもあり、長春では多くの解放CA141を目撃し、そのほとんどがポリバケツの塗装色です。
キャビン後部にはベッドスペースのような空間がありますが、サイズ的にみても寝れるスペースは確保出来ているとは思えません。小型トラック(2t)にも同じようなベッドスペースのような空間を確保しているので、荷物置きやシートスライド&リクライニングを行うためかもしれません。(ハイゼットジャンボ風)

CA141-1.jpg
こちらの 解放号CA141型消防車は、火災に対して威力を発揮するのかなぁ。
消防隊員は6名ほど運べそうだし、2階までなら届きそうなハシゴを備えているし・・・
いずれにしても中途半端な感じがします。

【第一汽車(FAW) 解放号 CA141型 5t】
推定製造期間 1987-1996年

創業以来、生産続けてきた中型ボンネット・トラックをベースに1987年にCA141型が誕生した。
5~6t積みのCA141型は15~20種類のバリエーションと数多くのボディ架装を持ち、国内だけでなく東南アジアでもノックダウン生産されていた。
状態  現役車
撮影地 中国 長春
撮影日 2007年7月


FAW.jpg
中国では馴染み深いトラックのようで、ちゃんと解放号141型のスケールモデルが製作されてました。
スポンサーサイト

| China's trucks | 23:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

FAWとは!!
個人的には中国製トラックといえば東風汽車の車両(特に日産ディーゼル供給のモデル)を思い出しますがここもありましたね~^^


ここもたしかふそうと仲が良かったのでしょうか、ファイター顔のトラックもいますよね^^

| 車大好き兄弟 | 2011/05/27 21:33 | URI |

車大好き兄弟さま
東風汽車(Dongfeng)と日産ディーゼルで合弁会社を作り、2代目コンドルがDongfeng 145として発売されましたね。
三菱ふそうは第一汽車(FAW)と提携し、ファイターをCA系キャブオーバーで売っているみたいです。

中国の法律では、外国企業は単独で中国に進出出来ず、合弁会社を作らないと製造できないから・・・(結果的に技術を財産を奪う)

日野といすゞ車は見かけないですね。

| Route★ZERO | 2011/05/28 15:37 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/60-b9c1ee5d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。