<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【ベルリエ GLR】 国の発展に従事する老兵

アフリカ大陸の北西部に位置するセネガル。
暑くて乾燥した気候と、砂漠や鉄分を含んだ赤土によって農作物は育たず、貧困にあえいでると聞いています。
(有名なのはバオバブという独特の形をした樹木)

かってフランスの植民地であったために、走っている車の多くはRenaultなどのフランス系が多く、トラックでいうとBerliet社のトラックを見る事ができます。
(1978年にRenault Trucksに吸収されてブランドは消滅)

60年代~70年代のボンネットトラックや同時代のキャブオーバー車が多くを占め、欧州から流れてきていた中古車を使っていると推測します。

Berliet-1.jpg
こちらはBerliet GLR 160
ラジエーターガードやバンパー、ミラーなどに国旗をあしらった塗装をされていて、愛国心の高さを感じますね。
1枚型ラウンドガラスを採用しているので1964年以降の製造と思われますが、まだまだ第一線で戦えそうなタフさを持ってますね。
また、ほとんど雨が降らないのでワイパーも変なことになっています・・・

Berliet-2.jpg
こちらは同じ西アフリカのブリキナファソで見かけたBerliet GLR 160。
フェンダー上には大型のエアクリーナー(?)が装着されているのですが、純正ではなさそうです。

ボンネットフードはアリゲーター式で持ち上がるのですが、ボンネットサイド部の取り外しによって、よりエンジン類のメンテナンス性を良くしてあります。この車は頻繁にメンテナンスをしながら騙し騙し走っているのか、サイドカバーは外した(外れた?)ままになってます。

Berliet-3.jpg
キャビンの斜め後方には窓があるんですね、死角が少なそうで視界が良さそうです。
荷台側面には作業員が乗りやすいようにハシゴを取り付けられてます。
排気口は歩行者の事を考えてアップライトに取り付けているんでしょうか?(排気ガスや埃の巻き上げ)

【Berliet GLR 160】
年式 1964-1970年

Berlietは1900年代初頭に自動車の製造を開始。
第一次、第二次世界大戦中はフランス軍の軍用トラックを製造。
1950年にGLRの製造を開始。
1963年頃に2分割式フロントガラスが1枚型ラウンドガラスに変更。
(情報不足のため詳細分からず)

撮影日 2010年6月


03080007.jpg
1/43 MOTORART 1972 Berliet GLR 160
スウェーデンのダイキャスト模型メーカーが販売しているGLR 160
GLRのかわいい感じがよく表現できています。               
スポンサーサイト

| Renault / Berliet (FRA) | 14:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ここまで古いベルリエ製トラックがこんなに生き残っているのですか!
やはり国によって旧車の生存率もかなり違うのですね。


同じルノーに吸収されたサヴィエム製トラックとかは見掛けたのでしょうか?

| 車大好き兄弟 | 2011/07/11 01:52 | URI |

車大好き兄弟さま
アフリカ大陸の旧フランス植民地だった所はベルリエ製のトラックをまだ見かけます。
とはいうものの、道路横で修理をしたりと騙し騙しで走っているようす。

Saviemをご存じとは・・・
道路沿いに仕事待ちで並んてでいたり普通に見られます。
バンパーライトなど仕様もさまざまで、収入を得るための道具なので古くても大事にされているようです。
機会があれば写真を掲載しますね。

| | 2011/07/19 07:59 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/82-517ea4ba

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。