<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【ホンダ P700系/L700系】 激レアのスポーツ・ピック

1963年8月、本田技研工業が4輪車に進出するにあたり、DOHCエンジンを搭載したT360軽トラックを登場させて世間の度肝を抜き、同年には待望のライトウエイトスポーツS500を発売。
翌1964年に世界最高峰のレース”Formura-1”に参戦し、ホンダは多くの話題と期待を提供していました。

先述のFormura-1では1965年10月のメキシコGPで初優勝を飾り、更なる活躍を期待が持たれる中でホンダからある商用車が発売されました。

その名は Honda L700/P700

2ドアセダン版のN800は、1965年の第12回 東京モーターショーに出品されたのですが市販化には至らず。まだ乗用車が多くの家庭に普及する環境ではなかったため、L700/P700の商用車主体で商売をするしかなかったと思われます。
しかし販売期間は3年と短命で販売台数も少なく(数千台程)、ホンダ関係者であっても存在を知っている人が少ないほどの車です。

AP800-1
こちらがホンダが最初で最後の発売となった小型ピックアップのP700/P800です。
"P"はPickupから取ったもので数字3ケタは排気量を表し、ライトバンモデルのL700/L800の"L"は Light Truckから取ったネーミングになっています。

今でも絶版車”サニートラック”は特定の方に人気ですが、サニトラよりも発売が早くライトウエイト・スポーツトラックの元祖とも言える商品で、ピックアップの荷台サイズは軽トラックのホンダT360よりも小さく、エンジンはS600/S800のエンジンをデ・チューンしたアルミ製4気筒DOHCエンジンを搭載。(高回転型のエンジンの回転数を落としてトルクに振った仕様にしています)
ベンチシートで定員は2名ですが、サイドブレーキは右手で操作する方式なので(ドアとシートの間にレバーがある)無理すれば3人乗りも可能だったと思います。

画像の車両はバンパーを取り外してあり、レーシーな仕様に仕立てています、この時期の車はバンパーを外してもサマになりますね。

AP800-2
リヤゲートの開閉は中央のオープナー式でボディサイドのフックも無く、とてもスッキリした印象のP700/P800のリヤ周り。
現存車の情報もなく、とても珍しくて貴重な1台なのですが、先月に某オークションサイトに出品されていました。

【Honda P700/P800】
推定製造期間 1965-1967年

1965年10月、水冷 直4 DOHCエンジンを搭載したライトバン"L700”を発売。
同年の11月、ピックアップの"P700"を追加。
1966年9月、同クラスの主流が800ccに移行したことに伴って800ccに排気量アップ、L800/P800となる。
1967年11月、狭山製作所は大ヒットの軽自動車N360の増産体制に入ったことで、L800/P800の生産は終了。1968年頃まで在庫車を販売していた。

他社にない高性能エンジン搭載し、熱狂的なホンダファンは興奮したものの、一般的な人からは異色車として見られ万人受けする商用車とはいえなかった。

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★★☆
状態  保存車
撮影地 茨城県
撮影日 2010年4月


L700-1
こちらの画像は北海道で撮影した車体で、レアな車を取り扱うショップのヤードに置かれていたL700/L800。
ここにはもう1台L700/L800が置かれていて、レストア待ちの印象を受けました。
ボンネットフード先端は水抜けが悪いようで錆穴が出来やすいですね・・・

【Honda L700/L800】
推定製造期間 1965-1967年
絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★☆☆
状態  保存車
撮影地 北海道
撮影日 2010年5月


L700-2
ツインリンクもてぎ ホンダ・コレクションホールに展示されているL700/L800。
オリジナルカラーはこんな色していたんですね。
グリルの赤いHマークは当時のF1マシンと同じようなデザインを採用しており、高性能を証明するバッチとして強い主張をしているかのようです。
スポンサーサイト

| Honda | 04:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/95-1db887df

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。