<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【三菱ふそう MS系 パノラマデッカー】 デラックスバスの象徴

最近はあまり観光バスに乗る機会がなく、数年前に会社の研修で乗ったのが最後だったような気がします。

80年代初頭、子供だった頃の遠足や社会科見学の移動の足でお世話になったのが西鉄バスでしたが、配車されるのは何の変哲のない一般的な観光バスタイプで、DX/STDホイルキャップすら付いていなかったのです。

観光地等のバス駐車場で、DX/STDホイルキャップが付いた他のバスを羨ましく感じたり、パノラマデッカーに至っては羨望の眼差しで見ていましたが、乗る機会はありませんでした・・・

Fuso MS-1.jpg
2009年10月、バイクで飛騨方面を走っていると、前方から古そうなパノラマデッカーが向かってきて、「おおっつ」と目で追いかけるのがやっとで、何も出来ずにすれ違ってしまいました。 車が混んでいたため、なかなかUターンが出来ず、追いかけるのに一苦労した想い出の写真です。

数キロ先は観光地などが点在している場所だったので、駐車場に停まった所を写真に収めようと考えていたのですが、20km程走行してもパノラマデッカーは止まる気配がなく、観念して先回りをして写真を撮ることにしました。

Fuso MS-2.jpg
九州方面のナンバーを付けたこのパノラマデッカーは、運転手の服装といい一般の方が趣味で乗っているような感じで、車体後部には親切に「昭和55年式 三菱ふそうMS613S(←記憶曖昧)」と書かれていました。

キャンピングカーの種類で「バスコン(Bus Conversion)」というタイプがありますが、大型のキャンピングカーなのかもしれません。このバスの事をご存じの方は教えてください。

Fuso MS-3.jpg
30年の月日を感じさせないコンディションで、綺麗な状態を保ったままです。エンジンは8DC8/9型だとすると大型トラックのF-sereisと同じですね。

1970年代に入ると高速道路網の発達により、観光バスも高性能化・デラックス化が進みました。
観光バスのデラックス化に伴いフロア面を嵩上げし、乗客の視認性を向上させたり、タイヤハウスの出っ張りを無くしたりと、一部の観光バスでパノラマデッカー化が進みました。
フロントタイヤの前側と後ろ側では窓の高さやルーフの高さが違うため、屋根の段差の部分には色つきの天窓がつくことになるのですが、これが「パノラマデッカー」の象徴になります。

パノラマデッカーは廃車体などで見かけることもあると思いますが、公道を走る姿を見る姿を見るのは貴重だと思います。この秋もどこかの観光地に現れるといいのですが・・・


【Mitsubishi FUSO MS613/615 パノラマデッカー】
推定製造期間 1980-1982年


三菱ふそうは1976年に、B9系の後継モデルとして8DC系 直噴V8エンジンを搭載するMS系を発売。
8DC4型 265psのMS512型と8DC8型 305psのMS513型でそれぞれ11.2m級と12m級をラインナップ。
1980年、54年排気ガス規制に対応した”新8DC8型”275psのK-MS613と、8DC9型 310psのK-MS615型に変更される。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 長野県
撮影日 2009年10月


Fuso MS-4.jpg
こちらのMS系は ”ホワイトタイガー風” のカラーリングを施しています。
ここの動物関連施設の駐車場にはいろんな種類のバスが停めてあったのですが、このMSが一番古くて一番目立っていたような気がします。
物置にもなってないし、予備車として置かれているのでしょうか・・・それとも現役で園内を走り回っているのかな?

【Mitsubishi FUSO MS系 パノラマデッカー】
推定製造期間 1976-1982年
絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★☆☆☆
状態  現役車?
撮影地 栃木県
撮影日 2009年7月


スポンサーサイト

| Large-size Buses | 15:42 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

2000年以降、規制緩和に伴い(業として行なっていた)白バスが緑転したため、自家用登録も簡単にナンバーが下りるようになりましたね。
十数年前、自分が自家用で登録した頃からみると隔世の感があります。

さてK-MS615Sはそれ以前に、居酒屋の店主がワケもわからず持っていたのをよく借りて乗った思い出深いクルマです。
当時バスの運転歴は精々日野CHやふそうMK止まりだった私にとり、当時でも15年選手だったかと思いますが『腐っても鯛』でフルサイズ車の安定感には感心したものです。
古いふそうにありがちなオイル消費の多さには閉口しましたが(笑)

記事の固体は元はどこでしょうね?
拡大窓で素性の良さが窺い知れます。
この名自B35型ボディはB9末期からMS7移行期まで幅広く架装されましたが、年を追うごとに、パノデ→フルデッカ→フルデッカ?(モノコックのまま前後をスケルトン風にすげかえたもの)と人気の中心の変移がありました。

| 元はとばす | 2011/09/09 08:16 | URI | >> EDIT

パノラマデッカーは確かに貴重ですよね。こちらの観光地の旅館が持っているとは考えづらいですし…

実は某所に白ナンバーの現役車がいることを知っているのですが、忙しくてなかなか…今年の5月には現役だったようなのでまだ現役の望みが非常に高いのですが…

このMS系はフロント1枚ガラスのフルデッカーを選択するとワイパーが面白いことになってましたね。バスはラインナップが多いこの年代が一番好きです。

| EP100 | 2011/09/10 09:58 | URI | >> EDIT

はじめまして廃札主任と申します。
この車ですが、斜めメトロ風窓+連続窓、バンパーもオプション品と豪華な外装のわりにエンジンは低出力仕様とあまり見かけないな組み合わせですね。元の事業者や現在の運行形態(?)を調べるときこのあたりがのポイントになりそうです。

EP100さま
その車とはパノラマウィンドーが三分割の前期型(MS513R)でしょうか?
もしそうであれば私の近所にいる車です、つい先週も側窓全開の状態で力走してましたのでしばらくは安泰のようです。

| 廃札主任 | 2011/09/10 13:59 | URI | >> EDIT

元はとばす様

バスも簡単に自家用取れるようになったとはいえ、年間の維持費と場所を確保するにはハードルが高いですね。文章によると多くの車両を運転されていた経験がおありで、ハンドルを握った人の声はとても参考になります。

固体の元を探しあてる情報を持っておらず、本件のバス経歴については全く分からないです・・・

70年代後半のデラックス化、80年代以降のモノコックバスからスケルトン構造へ移行と、この時期のバス車体の変貌は凄まじく、ボディ架装も含めた各社からいろんなタイプの車両が登場していましたね。
中でも初代エアロバスのスタイリングの美しさは印象に残っています。大型トラックのザ・グレートのような顔つきだし。

| Route★ZERO | 2011/09/10 20:54 | URI |

EP100様

そちらにも白ナンバーの現役車がいましたか!いる所には居るもんですね。しばらく安泰と思われていても急に姿を消すことも多いので、撮り逃しで後悔をしないよう気をつけて下さい。

面白いワイパーというのは、富士ボディーのMS系フルデッカーの事かな?フロントスクリーンのセンターピラーを無くし、視野を広げるため、邪魔になっていたワイパーをあらぬ方向に向けていますね。

バスが大きく変化する’80年前後は個性豊かな時代であり、バスファンでなくても印象に残る車両が多かったと思います。

| Route★ZERO | 2011/09/10 21:18 | URI |

廃札主任さま

こちらこそはじめまして。
バンパーはオプション品でしたか。どうりで他の手持ち画像のバンパーと違う訳ですね、他車流用したオリジナルかな?と思っていました。

お恥ずかしながらバスの見分け方など知らないことが多いので、これからも色々とご教授して頂けると嬉しく思います。

| Route★ZERO | 2011/09/10 21:36 | URI |

廃札主任様
そうです、パノラマウインドウ3分割です。あれが初期型なんですね。三菱のバスは馴染みがなくてイマイチ知識がなく…
まだいるんですね!!安心しました。でも実は知人から聞いたかなり薄い情報なので、所有団体の所在地は知っていても車庫を知らないので見つかるか不安ですが…

Route★ZERO様
うちの近所ではないです。結構な遠征になりますが、関東地方です。ついでにいろいろな場所を巡るため、財布とも相談しつつ、旅行計画を立ててます。

あれはたぶん三菱車体だったはずですが…通常のオーバーラップ式+1本のやつです。あの3本ワイパーの狙いは何だったのか…

| EP100 | 2011/09/11 11:12 | URI | >> EDIT

EP100様
遠征旅行の健闘を祈ります、関東地区だと旧車の居る地域と居ない地域と差がありすぎるので、事前に十分なリサーチが必要ですね。

3本ワイパーの件ですが、乗用車の場合だとガラスエリアのワイパー払拭面積を法規で決められていたと記憶しています。(70%だったかな?)
最近の車は空力性能に特化したデザインのため、フロントウインドーが寝てしまい、ワイパーアーム形状がとんでもなく奇形になっているものもあれば、対向式ワイパーだったりしてますね。

| Route★ZERO | 2011/09/12 22:17 | URI |

Route★ZERO 様
私自身もいまだ勉強中ですが今後もよろしくお願いいたします。

EP100様
やはり同一車両でしたか。
この車ですが所有団体の本拠地からは離れたところに留置されており、私自身も所有団体の関連ページで偶然知ったものです。Route★ZERO 様もおっしゃる通り事前調査をしっかり行えば発見できると思いますので、健闘をお祈りいたします。

| 廃札主任 | 2011/09/13 08:52 | URI |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/08/17 22:41 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/96-fdbd13ec

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。