<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【いすゞTY51】 フォワードのご先祖様

ブログのタイトル画像の変更に合わせ、TY型フォワードの話題を。

小さい頃、近所の土建屋がセミキャブオーバースタイルのいすゞTY型ダンプを2台所有していました。その土建屋には私よりも一つ下の息子がいて、小学生の頃に何度か遊びに行ったことがあるのですが、その時は「ユニークな顔をしたトラックが居るな~っ」と思っていただけでした。

1980年を過ぎる頃に車両が一斉に更新され、このTY型はFX系フォワードと入れ替えになったのですが、それ以来何となくTY型の事が気になり今まで過ごしてきました。

旧型トラックの撮影を開始してからは、いすゞTY型トラックの情報は無いかといろいろ調べてみたものの、ネット上でもほとんど目撃情報もなく、また画像すら掲載していない状態です。

誰かTY型フォワードの生存情報を知っていれば教えて下さい・・・

Isuzu_TY51.jpg
画像は1968年11月発行、TY型のカタログに掲載されたTY51型ロングボディ。

いすゞは戦後のトラックとして大ヒットシリーズとなったボンネット型5~6トン積TX型を販売していたものの、時代とともにトラックのニーズも変化し、大型、中型、小型と用途によってトラックの棲み分けが進み、小型車とともに普通免許で乗れる4トン積級の中型クラスに注目が集まるようになってきたのです。

こうした市場動向の変化に応えるべく1966年3月にいすゞが投入したのは“TY型4トントラック”と呼ばれる中型トラックでした。TY型はセミキャブオーバー型のユニークなキャブスタイルを採用し、フロントフェンダー上方に設けられたカウルウインドーも、このトラックの大きな特徴。

エンジンは直列6気筒 D370型ディーゼルエンジンを搭載。総排気量3,664ccから最高出力100ps、最大トルク23kg・mを発揮。平ボディを架装したTY30型とダンプボディを架装したTY20-D型として、先発メーカーと同様に3種のホイールベースを揃えていたのです。ところがTY型中型トラックがデビューした頃、三菱ふそうT620型は4.7ℓ 110馬力エンジンを搭載しており、TY車の力不足が販売面での影響をモロに受けたらしい。

いすゞは1968年、TY型のマイナーチェンジでエンジンのパワーアップ、フロアシフトの採用などの改良を実施し、販売台数アップを試みたのですが・・・

三菱ふそうT620型の壁は越えられなかったのです。

Isuzu1_TY21D.jpg
こちらはTY21-D型のダンプトラック。
丸みを帯びたスタイルはお世辞にもカッコいいとは言えないものの、後継機種の初代フォワードもTY型と同様のスタイルを踏襲しちゃいました。

1968年のマイナーチェンジでは、ラジエーターグリルを横バーの新デザインを採用。
それまでグリルに取り付けられていたいすゞマークはボンネット側に移動されています。

Isuzu_TY51B.jpg
このとき、新たにベッド付キャブも登場。
高速道路の開通などにより、長距離輸送のニーズに応えたのかも。

安全面においてはサイドバンパーやマーカーランプが無い時代です。

Isuzu_TY51B_In.jpg
室内ではヘッドレストやシートベルトは見当たりませんし、インパネはソフトパッド化されておらず、ボディの鉄板がむき出しの状態ですね。

上が標準キャブ仕様で下がベッド付キャブ。
シフトノブも前期型のコラムシフトからフロアシフトへと変更されています。

| Isuzu | 20:50 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【いすゞ TWD45】 全輪駆動のスラリータンカー

北海道の旅の最終日、空港に向けて出来たばかりのバイパス道を走っていると、大型の特殊車両がゆっくりと走行していたので、躊躇なく追い越をかけました。

Isuzu_TWD45_Tanker_1.jpg
この特殊車両は、立派なボンネットスタイルと強靭な足回りを持つ、大型トラック界の”シーラカンス”こと、いすゞTW系の全輪駆動ボンネットトラックと判明。

安全な場所に車を停め、TW系トラックの走行シーンを撮影しようとカメラを構えていると、トラックは目の前で停まってくれました。

運転していたのは麦わら帽子が似合う団塊世代位の方で、撮影許可はもちろん、車の用途について丁寧に教えて頂き、この車の正体がスラリータンカーだとが判明しました。

Isuzu_TWD45_Tanker_2.jpg
スラリーとは泥状の混合物の事をいい、ここでは牧場から出る牛などの排泄物を液状化させたたい肥のことを差します。 

この車の目的は、春と秋の年2回(一般的には)に牧草地などにスラリーを散布するのに使われ、足場の悪いコンディションであっても、全輪駆動の走破力により作業が捗ることでしょう。スラリータンカー(スラリーインジェクタ)といえは、酪農用トラクターに連結されたタイプの方をよく見かけますが、敷地外の移動にはトラックをベースにしているタイプの方が効率がよさそうです。

運転されていた方は 「作業中は臭いぞ~」 と言っており、スラリー散布は強烈な臭いとの戦いで、最近では牧場の悪臭問題の槍玉にされて、臭いを抑えた手法等もいろいろ検討がされているみたいです。

このTW系をシーラカンスと呼ぶのには理由があり、1951年から1993年頃までの長きに渡って製造されていたトラックで、(一般向けには1986年で終了)42年の生涯の中で大きなスタイルの変更がされないまま生産されていたのです。

その影響で外観からの年式判断は非常に難しく、個人的には以下の大分類に分別しています。(年式は推定で、モデルは代表的なものを記入)

【初期型】1951年~1962年 TW11/21、TW141/241、TW341、TW542
 (特徴)フロントウインドは平面ガラスの2分割式、アポロウインカー
【中期型】1962~1979年 TWD20、TWD23 
 (特徴)一枚ガラスの新型キャビン採用、縦格子グリル
【後期型】1979~1986年 TWD25、TWD45、HTW 
 (特徴)横格子にISUZUのロゴが入ったグリル、ボンネットサイドのダクト穴廃止

ちなみに画像の車両は1983年頃のTWD45のようです。
タンク部にも昭和58年度○○○○事業と書かれてあったし・・・

Isuzu_TWD45_Tanker_3.jpg
ここで戦後から昭和時代にかけて、いすゞの全輪駆動車として活躍してきたTW系について整理。

いすゞは古くから各種形式の四輪駆動車、六輪駆動車など不整地走行に適したトラックを製作して軍用に供しており、昭和9年、商工省標準形式自動車の制定に当たってにはじめて「いすゞ」という名前が付けられ、その頃、満州で陸軍の機動力を高めるために開発された不整地向けの6輪(6×4)”94式六輪車”が登場しました。

しかし、終戦を迎えるとこれらの車両は需要も少なく、その生産は中止されていたのですが、1950年に勃発した朝鮮戦争によって発足した警察予備隊(現:自衛隊)に向けて不整地向けのトラックが要望されたのでした。

そこで当時民間に払い下げられていた”GMC社製六輪駆動トラック”を参考にして作り上げたのが、TW11型(6×6ディーゼル)、TW21型(6×6ガソリン)と姉妹車であるTS11型(4×4ディーゼル)、TS21型(4×4ガソリン)で、最終的には昭和26年(1951)5月に完成されたのでした。

また、警察予備隊以外に、電源開発工事、木材輸送などの開発事業が次第に振興されるにつれて、山間の悪路、砂地、泥濘地等を自在に走行することの出来る強力な駆動力を持つ車両が要望されるようになった時代でもありました。

現代においてTW系車両といえば、林業で木材運搬等に使う車両や、除雪車などで見かける程度ですが、オリジンは軍用車両であり、その走破能力を一般向けに販売したのがTW系トラックなのです。


【Isuzu K-TWD45】
推定製造期間 1981-1984年頃


1951年、TW11型(6×6ディーゼル)、TW21型(6×6ガソリン)と姉妹車であるTS11型(4×4ディーゼル)、TS21型(4×4ガソリン)の製造を開始。TW系とTS系のエンジンは共通で、DA45系ディーゼルとDG32系を搭載。最大積載量はTW系とTS系ともに5トン積み。

1955年、TW141(6×6ディーゼル)、TW241型(6×6ガソリン)になる。
ディーゼルエンジンはDA110型になり、直列6気筒 5.654ccで105馬力を発生。
途中、最大積載量の増加(6トン積み)と馬力アップの要望に応える形でディーゼルエンジンはDA120型になり、直列6気筒 6.126ccで120馬力を発生。型式名はTW341型、TW541型となる。

1962年、キャブ周りを中心にモデルチェンジが行われTW20型になる。
一枚ウインドによって視界改善されたのをはじめ、フェンダーにウインカー設置等の変更を受ける。また、途中から速度表示灯やポジションランプの設置やサイドバンパー、アンダーミラーの取り付けなどの安全面での改良や、その他、タイヤサイズ変更なども行われた。

1974年、エンジンやFRトレッドを改良したTW23型に変更。
DA640型のディーゼルエンジンは、直列6気筒 6.373㏄で135馬力を発生。

1979年、昭和54年排ガス規制対応したTW25型に変更。
6BD1型のディーゼルエンジンは直噴式を採用し、直列6気筒 5.785㏄で160馬力を発生。直噴式を誇張するかのように、グリル周りのデザイン変更、ボンネットサイドのダクトを塞ぐようになる。

1981年、TW25型を改良したTW45に変更。(詳細不明)
(簡易クレーン搭載時の荷台サイズをキープするため、全長拡大したのか?)
(積載量は6.5トン積みに増えているが、TW23時代から変更された可能性あり)

1984年、昭和58年排ガス規制をクリアするためにエンジンを改良しP-HTW型になる。
6BG1型 直噴ディーゼルエンジンは排気量を6.494㏄に拡大し175馬力を発生。
この型を最後に国内一般向けには1986年に終了(推定)、1993年には全ての生産が終了になる。


絶滅度 ★★☆☆☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2012年7月

| Isuzu | 13:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【いすゞ ロデオ】 希少な4WDピックアップ

日本において1980年代後半から1991年頃にかけて起きた「バブル経済」。
その後、バブルが崩壊し平成不況が20年以上続いてますが、バブルの頃は自動車会社も”イケイケ”で、いろんなな特徴を持った車が発売されました。

例えばトヨタであればセラ、セルシオ。
ニッサンならばGTR、パオ、シーマ。
ホンダはNSXや楕円ピストンを持つバイクのNR750
マツダはロードスター、コスモの復活
スバルはアルシオーネSVX
三菱はGTO
・・・

各社から高級セダンや高級スポーツなど多くが生まれた一方で、商用車においても4WDピックアップを使ったクロカンなども生まれ、90年代前半のクロカンブームに向けて勢いをつけていきました。

そうした華やかな新車フィーバーの中、あまり注目されることが無く発売されたのち、数年後に消滅た車もあります。

その一台が ”いすゞ ロデオ”

Isuzu_Rodeo.jpg
このロデオは栃木県のガソリンスタンドで現在も使われている車両になります。
場所的に農道が多い地区ではあるものの、山間部でないし雪もあまり積もることのない地域なので、サニートラックでも十分実用に耐えると思うのですが、このロデオはハイリフト化された4WDで、悪路に対しての高い戦闘力がある簡易型タンクローリー仕様になっています。

最低でも20年程が経過している車両ですが、目立ったダメージも無く、塗装の弱いと言われる赤いボディーカラーも十分な輝きを放っていました。

1998年から1994年の6年間という製造期間の短さの中、製造台数合計は約1.000台(ファスターとして計上された数値)という少なさなので、かなり希少な車ではないでしょうか。

【Isuzu Rodeo 4WD Super(前期型)】
推定製造期間 1988-1992年頃

1980年にモデルチェンジしたファスターの4WD仕様がそのまま独立し、
1988年に「ロデオ」という単独車種としてデビューした。
エンジンはC223型 2.238ℓ ディーゼルエンジン(70ps)を搭載し、トランスミッションは5MTのみ。
乗車定員は2名で最大積載量は1トン(標準ボディ)
シングルキャブには、標準ボディとロングボディフラットデッキ三方開きがあり、
その他、スーパーシングルキャブとスーパーダブルキャブが存在した。

1992年、マイナーモデルチェンジ
1994年、国内販売終了

ちなみに1989年に登場した「いすゞミュー」は、ロデオの前半分を流用した2シータークロカンである。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★★
満足度 ★★☆☆☆
状態  現役車
撮影地 栃木県
撮影日 2012年5月

| Isuzu | 20:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【いすゞTXD50E改】 団員に愛された水槽付ポンプ車

2011年も残すところあと僅かになってしまいました。

この一年間で多くの新車が発売されて環境に優しい車が増えていきましたが、同時に多くの古い車両が第一線から退き、使えそうな車は海外に渡り、そうでない車はスクラップになりました。時代の流れと経済の循環を考えると仕方ないことですが、惜しまれつつ引退をした車両が各地で沢山あったと思われます。

中でも全国的に有名で、消防団員に愛された”いすゞTXD50E改”は2011年3月に現役引退し、現在はどこかでひっそりと余暇を過ごしていると思います。

TXD50E-1.jpg
2011年1月9日の静岡市消防出初式にTXD50E改が参加すると聞き、生まれて初めて消防出初式というイベントに行ってきたのですが、目的の消防団が駐車している場所が分からず、関係者に聞きまくって対面する事ができました。

静岡市消防団清水第14分団袖師町所属 Isuzu TXD50E改
1970年式で現役最古の水槽付きポンプ車、約40年間という長期間にわたって活躍できたのも車体の耐久性の高さはもちろん、日頃の点検や整備によって成せるものです。もちろん団員さんの大切にする気持ちもあったでしょう。

エンジンは非常時の始動性の高さから直6 6.2Lガソリンエンジンを搭載(GD150F)
後部には3tの水を貯める水槽があり、タンク上部には放水銃を備えています。
乗車定員は8名、パワステやエアコンなどの快適装備も無く、軟弱な人には気軽に扱えそうな代物ではありません。

代替えの大きな理由は、消防団員の中で運転できる資格を持つ人が少なくなっているためであり、緊急の事態を考えた時に誰でも運転できるようにとIsuzu ELFのポンプ車に更新されてしまいました。

TXD50E-2.jpg
話を消防出初式に戻すと、当日は団員の家族やその他の家族連れ、消防車ファンなど多くの人たちが記念写真を撮っていました。運転席への乗り込みは自由で、子供が運転席に座った姿を携帯のカメラで撮影している人が多くてビックリです。(特に女性)

最後部の対面シートには4人が座ることが可能。

TXD50E-3.jpg
TXD50E改の放水場所には地元TV局等の取材やカメラマンたちが多く集結。
ベストポジションで放水のシーンを収めようとカメラを構えていたのですが、風向きが悪くて”返り血”というか放水した霧が風に流されて降りかかってきました。

隣の人は「TXDの放水を浴びたから縁起がいいかも」って言ってたっけ。

TXD50E-4.jpg
ボンネットトラックで有名な6~6.5tのTXDシャシにニューパワーZのキャブを搭載。
増トン車仕様ということもあって、トレッドは若干内側にオフセットされています。


【1970 Isuzu TXD50E改】

メンテ中

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車(2011年3月に引退)
撮影地 静岡県
撮影日 2011年1月

| Isuzu | 22:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【2代目いすゞエルフ250】休息中の老妖精

秋が深まる北関東。
紅葉と温泉と旧車を求めて東京の自宅から群馬県まで北上。
道中ですれ違うトラックは平成生まれの車両ばかりで「もはやこれまで・・・」と諦めかけた頃、目の前に怪しげな2代目いすゞエルフ250を発見。

この型は北海道の牧場で若干現役で使われているのを見かけますが、関東エリアでは廃車体を含めて見かけることが少なくなってしまいました。

ELF-1.jpg
年式の古いものであれば40年以上が経過しており、経年変化で各所にヤレが見受けられます。

車内には”わかば(タバコ)”や日焼けした座布団など、車両に負けない程の使用感と高齢者好みのアイテムで溢れており、手足のように使いこなしている感じがプンプン。
(オーナーが不在だったので詳しい話を聞くことが出来ませんでした)

ELF-2.jpg
塗装のダメージが見られるものの、目立つ凹みや傷は見受けられないのは驚き!

各所にディティールアップパーツが取り付けられており、本来ならメッキのホイールキャップはボディ同色で塗装され、フロント中央にはV字をイメージしたような模様が施されています。

小さい頃から馴染みあるせいか2代目エルフは好きなトラックに分類され、久しぶりに現役車を見ると懐かしくもあり嬉しく感じます。

ELF-3.jpg
高床ロングボディに幌架装というのも私的にツボな組み合わせです・・・


【2th Isuzu ELF 250 高床ロングボディ】
推定製造期間 1970-1975年頃

2代目エルフ発売1年前の1967年に1.25t車のライトエルフが登場。
トヨエースに対抗したモデルとして位置付けされる。

1968年、2代目エルフシリーズが発売される。高度経済成長期を背景に、特装車ニーズの高まりによって多様なニーズに対応できるラインナップを構成し、さらに耐久性と信頼性の面でも大きく向上させた。
キャブは初代の角ばったデザインから親しみやすい丸みを帯びたデザインになり、標準カラーも従来のグレー系からブルーに変更された。(トラックの車体色調査では白が一番人気であったが、下地の透け防止で厚塗りが必要とされ、コストが掛かってしまう。そこで価格も安くて人気がある青が採用された)

1970年、マイナーチェンジ(エルフ250)を行うとともに、ライトエルフに代わってエルフ150が登場、3t車でのエルフ350を発売した。
外観の変化点は、ボディと一体化したバンパー、グリルの厚肉化等の変更、外気導入口と連続したデザインのウインカー採用、三角窓の廃止。内装ではインパネの変更に加えラジオ、ヒーター、2点式シートベルト(運転席)が標準装備された。標準車体色はエルフ150は白、エルフ250は青、エルフ350は緑になった。
(この代より北米でのテスト販売を開始)

幅広いラインナップに加え、更には派生車展開も力を入れ、1970年にウォークスルーバンであるエルフ・ハイルーフを発売。1972年にFF駆動方式で荷台の自由度を高めたエルフ・マイパックを発売。1974年に超低床+小径タイヤのフラットローを発売。市場の声からというよりもメーカー提案型の新商品を大量に投入していく。

1970年より2t車クラスでシェアNo.1を獲得、1975年の3代目が発売された後もトップシェアを継続していく。


絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 群馬県
撮影日 2011年11月

| Isuzu | 22:41 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。