<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【ダイハツ V150】 黒ひげレッカー車

ダイハツV150 1

田舎町のどこにでもありそうな自動車整備工場の敷地内で、ナンバーが外された車両の中に珍しいトラックを見かけた。
撮影時はダイハツ ベスタかな?と思っていたが、自宅に戻って調べてみるとV150だった事が判明。

初代デルタの緑色は有名だが、V150でも緑色が採用されていたんですね。
車体を確認すると、後輪はシングルタイヤの平床三方開きで、レッカーの櫓を組んだ仕様になってました。
欠品もなくて状態も良さそうなので、お金を掛ければ公道復活も可能な状態に見えました。

ダイハツ150 2


【Daihatsu V150 平床三方開き(後期型)】
推定年式 1968-1970年頃

1950年代、ダイハツの小型トラックはベスタという名称が付けられており、1500ccのV型2気筒エンジン(ガソリン)を搭載していたが、1960年を過ぎた辺りから1500cc 4気筒のFA型エンジン(ガソリン)を搭載されると、ベスタの名称は消えV200という名称で呼ばれるようになった。
1964年頃には新型Vシリーズが登場し、FA型 1500ccの他、FB型1861ccやDE型ディーゼルエンジンのバリエーションが加わることになった。

写真はヘッドライト位置とグリルが変更された1968年頃から1970にかけての後期モデルで、その後はデルタへとバトンタッチされた。

1960年代の特徴であるアップライトのヘッドライト位置や、セミキャブオーバースタイルが独特の雰囲気を持っており、丸みのあるデザインとグリル形状から”黒ひげ危機一髪”のキャラに見えてしまう。


絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★★
状態  敷地内放置
撮影地 栃木県
撮影日 2008年4月

| Daihatsu | 22:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。